猿島郡境町 タイミングベルト交換 トヨタ マークⅡ | 車検・整備 猿島郡   平井自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車検・整備
  • タイミングベルト交換 トヨタ マークⅡ | 車検・整備 猿島郡 

猿島郡 修理 トヨタ マークⅡ タイミングベルト交換

 猿島郡にお住まいのAさまからトヨタマークⅡタイミングベルト交換のご依頼

猿島郡にお住まいのAさまからトヨタマークⅡタイミングベルト交換のご依頼をいただきました。

普通車のタイミングベルトの交換時期は、状態や車種によっても変わるのですが、基本的に走行距離10万kmごと、期間でいうと10年ごとに交換が必要といわれています。タイミングベルトを交換せずにそのまま使い続けると、ベルトそのものが切れたり、カム山のコマがこぼれて滑ったりする恐れがあります。 ベルトが切れてしまうと、最悪の場合エンジンが壊れてしまいます。壊れなくても、エンジンが止まってしまうのでブレーキがほぼ効かなくなりハンドルも重くなるので、走行中に切れてしまうとかなり危険です。早めに交換することで、安全に乗っていただくことができます。

今回、早めに交換依頼をいただけたので良かったです。さっそく交換していきます。

 タイミングベルトの役割って?

そもそもタイミングベルトはどのような役割をしているかご存じでしょうか?

タイミングベルトの役割は、簡単に説明すると、エンジンの規則的な回転運動に必要なクランクシャフトとカムシャフトという部品同士のタイミングを連動させることです。

クラムシャフトとはピストン動作を回転動作へと変換する部品、カムシャフトとは吸気・圧縮・燃焼・排気の4工程あるうち、吸気と排気のタイミングでバルブを開閉する部品のことです。

エンジンの規則的な回転運動には、吸気・圧縮・燃焼・排気を適切なタイミングで繰り返すことが必要です。そのうち、吸気と排気を担うカムシャフトの動きを支えているのが、タイミングベルトでつながっているクランクシャフトです。タイミングベルトは、クランクシャフトの動力を規則的にカムシャフトへと伝えることで、カムシャフトがバルブを適切なタイミングで開閉するサポートをしているんです。

 交換いたしました

無事タイミングベルトを交換いたしました。これで安全に走行していただけます。Aさまありがとうございました。

タイミングベルトは急発進や急加速、急停止など急な操作によって負担がかかってきます。高速道路や、険しい山道の走行でも負担がかかるので負担の大きい運転をしていると、ベルトの負担が大きくなり、10万㎞よりも早く切れることがあります定期的なメンテナンスをすることで、万が一の事故を防ぐことができますので「自分の車は大丈夫かな…。」と思われている方は是非一度、平井自動車にご相談ください。坂東市加須市幸手市、古河市からのご依頼も大歓迎です。ベテラン整備が丁寧に対応いたします。

 茨木県猿島郡でタイミングベルト交換は平井自動車にお任せください

茨城県猿島郡境町にある平井自動車は鈑金塗装の実績が地域トップクラスです。

人気国産車
のN-BOXやタント、スペーシア、エブリィ、アクアなどを始め、ベンツやアウディ、BMW等の輸入車にも対応可能です。その他、ハイエース、エブリイなどの軽バンや、ハイゼットトラックやキャリイなどの軽トラ社用車・作業車もお任せください。
また、通常の鈑金塗装の他にトラックのDPD/DPR/DPF清掃アライメント調整・エーミングなどの特定整備もOK

古河市、加須市、坂東市、幸手市など周辺地域でのご依頼もお待ちしております。

お電話でのお問合せは
0280-87-0833
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら